NHKの「探検バクモン」という番組が好きだ。



爆笑問題の2人が、大学や研究機関など、
普段は覗くことが難しい、いろんな場所へ取材する番組なのだが、
今週はスタジオジブリの高畑勲監督のもとを訪ねる回の2回めだった。

その内容について感じいるところがあったものの、
まだ整理がついてないので、その話はまた別の機会にゆずるが、
ひとつ印象的なシーンがあったので紹介したい。

ジブリには背景画の巨匠、男鹿和雄という美術監督がいる。

おもなジブリ作品の木々の背景画を担当されている方で、
数年前に行われた「男鹿和雄展」は連日満員の大盛況だったので、
ご存じの方も多いかもしれない。



高畑監督の新作「かぐや姫の物語」でも背景画を担当されていて、
いかに今回の背景画が難しかったか、ということを番組内で語るのだが、
話の途中で案内役のプロデューサーが放ったひと言が、強く印象に残った。

「そろそろ(男鹿)監督が昼食と仮眠を取られるので…」と、
取材の途中で話を終了させたのである。

これが第一線で活躍するということかと感銘を受けた。
生活のリズムを何よりも大切にしているということだ。

イチロー選手が毎朝カレーを食べて、
毎日のリズムを大切にしているという話があった。

のちに実はそうでもない、というニュースが報じられて話題になったが、
男鹿監督はきっとそれを地で行ってるのではないか、と勝手に思った。
だって映画の宣伝にもなる話の腰を、
プロデューサー自ら一刀両断にするくらいだし。

おそらく高齢のために健康に気を使ってらっしゃることもあるのだろうが、
プロの仕事の覚悟みたいなものを垣間見た気がした。

仕事が忙しいとはいえ、不定期な生活リズムに溺れてることはもちろん、
24時をまわってビール飲みながら、
翌日更新分のブログの下書き原稿をだらだらと書いてる場合じゃないよなあ、
といたく後悔している次第であります。

映画「かぐや姫の物語」は、11月23日後悔公開です。

「かぐや姫の物語」公式サイト