長かった連休が終わりますね。あー、仕事行くの憂鬱やわー。って思ってる人もいることでしょう。そんな時、僕は東京事変の「閃光少女」を聴いて気分を上げています。



この歌の歌詞がすごく好き。
今日現在(いま)を最高値で通過して行こうよ
明日まで電池を残す考えなんてないの
昨日の誤解で歪んだ焦点(ピント)は新しく合わせて
今日現在(いま)がどんな昨日よりも好調よ
明日からそうは思えなくなったっていいの
呼吸が鼓動が大きく聴こえる生きている内に
特にこの2箇所がたまらなく好きです。なんか、がんばんなきゃあかんよな!って気にさせてくれるので。


僕には夢半ばで命を失った友人が3人います。


1人は高校のころ一緒にバンドを組んでいた男の子。高3の初夏に原因不明の難病にかかり、数年の闘病生活のあと、息を引き取りました。元気だったころにExtremeの「More Than Word」を次のライブではやろうって言ったまま、実現に至らなかったことが今でも悔しいです。

1人は大学時代に知り合い、女友達では唯一親友と言ってもいいレベルで仲良くなった、強くて脆い女の子。あるときから心の病気にかかってしまい、病気とはうまくつき合いつつ何年も何とかやってたんだけど、ある日衝動的に自殺してしまいました。亡くなる前の数年間は、仕事が忙しいこともあり、あまり遊べなかったことが心残りです。

1人は大学時代の同級生の女の子。すごく人望が厚く、大学では学園祭やサークル活動などで数多くのリーダーを務め、社会人になってからも多くの人を巻き込みながらいろんな活動をしていたみたいですが、ある事件に巻き込まれ、命を落としてしまいました。その子の結婚式以来、なかなか会えてなかったんですが、年賀状を毎年送ってくれる律儀な子でした。毎年この時期になると思い出すのかなあ。

実際に常に全力でいることは難しいんだけど、でもそれくらいの気持ちで駆け抜けたい。言葉にすると薄っぺらいんだけど、彼らのためにも。

そういう気持ちを思い出したくって、今日もこの歌を聴いています。

閃光少女
EMI MUSIC JAPAN INC.
2007-11-21