仕事柄、女性系メディアもちょくちょくチェックしてますが、きょうNYLONのファッショニスタブログでちょっと面白いエントリーを見つけました。

石渡里砂さんという大学生ブロガーで、プロフィールを見ると「アメリカ、ドイツ、日本育ち。グローバルな視野とセンスを持ち、常にハングリー精神旺盛なパワフルガール☆ ブロガー、モデル、ライターなど様々なことにチャレンジしてビッグになるのが夢。」という、ちょっと大丈夫なのかなこの子って色メガネかけて見たくなっちゃうんですが、何とも小気味のいいエントリーでして。

H&Mで300円から洋服が買える!購入したセール品のみのコーデ♡

ちょっと長いんですが前後を切るとよくわかんなくなるのでそのまま引用。

よくね、ファッション業界の人で
「ファストファッション反対!下品、ださい、チープ。そんなの着てるうちは、オシャレになんかなれない」
って言う人が多いの。

りさ、そういうこという人と一回討論したいってくらい、それには反対・・・。

ラグジュアリーブランド、ハイブランド。確かにかっこいい。りさも大好きだし、憧れるし、実際お金が入れば少しずつ購入してる。

でも、じゃあそのブランドを常に買える人がどれだけいるっていうの?
そのためにお金を貯めて、ほかの交際費やご飯代や趣味に費やすお金を節約しろっていうの?

何それ。全然楽しくないし。
それが出来ない人のが世の中多いんだよって。

ファストファッションに反対してる業界の人はね、ハイブランドを購入できる富がある人、またはその地位まで登り詰めることが出来た人が主。

でもじゃあ中学生、高校生、大学生で普通にアルバイトして楽しく生活しつつオシャレを楽しみたい人は、「ださい服」しか着れないの?

そうじゃないでしょ。

H&MだろうがForever 21だろうが、その人がその服を可愛いと思って、自分なりに着て、楽しんでるならりさはそれが「ファッションを楽しむ」ってことだと思う。

逆に、それがハイブランドを着ることであるなら、それでいいと思う。
それが楽しくて、それが自分にとって一番オシャレを楽しむ方法ならね!

いやーよう言うた!

LINE NEWSのファッションカテゴリ担当として、ファッション系のニュースも見るようにしてるんですが、なんで世の中にはハイブランド系のニュースばっかなんだろう。。もっと地に足の着いた情報が本当は欲しいんじゃないんだろうか。なんて思ってたので、やっぱそうだよなーと。

まあ、わかるんですけどね、そういうのがニュースになりやすいっていうのも。

でもファッション系メディアには、こういうリアルな声に応えるコンテンツをたくさん作ってほしいなー、と。