連日の飲みがたたって夕方になると自分を保てないほどの睡魔にやられてる@sakucchiですこんにちは。

ところでポパイって雑誌があるでしょう。シティーボーイとかポートランドとかサンドイッチとか、臆面もなくおしゃれ路線に舵を切って、ブルータスとともにマガハらしさをひた走るあの雑誌。


僕はあの、しゃらくさい感じ、いいと思います。






うん、すがすがしい。普通にしてたら出会えないようなしゃらくさい情報を提供しまくりマクリスティです。

最新号はガールフレンド特集。

愛しの彼女とのコミュニケーションを見直してみないかい?というどうにもしゃらくさい号でございました。

ラブレターを書こう。忘れられないキスをしよう。

自分のことで精一杯のこの時代において、えーそれまじで言ってる?っていうトピックスのオンパレード。

でも、そういうの嫌いじゃない。

情報サービスとかやってるといかに無駄なく最短路線で答えにたどり着こうとしがちだけど、一見なんの意味もないような、無駄なことに惹かれる自分がいます。

便利なのはいいことだけど、全部が全部最短路線って生き方はつまらない。
んなことやんねーよ!ってツッコミを受けるような提案もたまにはされたいわけです。

その点ポパイはぶれてない。表1から表4まで常にしゃらくさい。だかそれがいい。

将棋の羽生さんも、コンピューターと人との戦いにおいて勝ち負けはたいした問題じゃないとおっしゃっておられましたよ。
そのプロセスにおいて何を考えたかってのが次に繋がる道となる的なことを。いや、そういう言い方じゃなかったかな?でもそんなようなことを言ってました(超適当)

でも、そう、思う。

アドテクとかソーシャルフィルタとかリコメンドエンジンとか、都合のいい方向に世の中は進んでいくと思うけども、そういう時代に希少性が出てくるのは、人間らしい無駄で遠回りなことなんじゃないかと。

いや、責任とらないし異論は認めるけども、個人としてはそっちの方が面白いなー、とは思います。

何をしゃらくせえ!って言われる存在っていいよね。

まあ、何が言いたかったって言うと、小松菜奈はかわいいってことですかね。