フレッドペリーのアナデジのゴールドが手に入らず、ちょっといじけ気味の@sakucchiですこんばんは。

さて、鬼才、テリー・ギリアム監督の最新作「ゼロの未来」の予告編が来ましたね。



うーんいい感じに狂ってる。

公式の説明を読んでみても、
近未来世界。世間になじめない天才コンピューター技師コーヘンは、謎の定­理を解明する義務を任される。荒廃した協会に一人で住み、定理の解明と人生の目的を知­る為、ある電話を待ち続ける。ある日、パーティーに連れ出されたコーヘンはそこで魅力­的な女性ベインスリーと出会う。強引なベインスリーに最初は迷惑するコ­ーヘンだったが、次第に彼女に惹かれていく。また同じ頃、会社の社長の息子でコーヘン­と同じくコンピューターの天才であるボブとも交流が始まる。閉ざされた世界で恋を知っ­たコーヘンは生きる意味を知るが・・・。
まあよくわかりません。だがそれがいい。007最新作にも出演するなど、最近ノリにノッてるクリストフ・ヴァルツが主演ってのもいい。

テリー・ギリアムといえば「未来世紀ブラジル」や「12モンキーズ」などが有名ですが、僕は「バロン」が一番好きかも。CGとか大したことない時代に、あんな意味分からない映像作ったってすごすぎる。



改めて見てもスゴいなこれ。キャストもけっこう豪華だし。若い時のユマ・サーマンが美しいですね。

ちなみに「ゼロの未来」には、ベン・ウィショー、ティルダ・スウィントン、マット・デイモンらがカメオ出演しているとか。公開は5月16日ってことで今から楽しみです。


映画「ゼロの未来」公式サイト


それはそうと、今野杏南ちゃんのTwitterがヤバいです。