今年はほとんどブログ更新してなかったですが、ブロガーらしく恒例の「買ってよかったもの」だけは更新しておきます。

寝転んでNetflixが見れる「Oculus Go」



スタンドアローン(それだけで使える)のVRヘッドセットとして話題になったOculs Go。映画館にいるようなサイズ感でNetflixが見れるんですが、寝返りうってもスクリーンが常に目の前に固定して見れるのが素晴らしい。土日とか寝起きのまま海外ドラマを楽しんでます。

揚げ物がはかどりまくりな「ラバーゼの揚げ鍋」



たまに唐揚げや天ぷらなど自宅でするんですが、この揚げ鍋はかなり優秀。揚げかごをそのまま取っ手に引っ掛ければ油きりできるし、目の細かい油ハネ防止のネットが付いてるから本当に油ハネしない。面倒な印象のある揚げ物ですが、これ使うとちょっと楽しくなります。



何枚でもトーストが食べたくなる「ゲランド塩のバター」


げ
金沢のワインバーで教えてもらったバター。人工的ではなく、太陽と風の力だけで作られるという「ゲランド塩」を使った、濃厚でかつさっぱりしたバター。これで食べると普通のパンでも絶品に。炭水化物が進みすぎて困ります。

爽やかな香りで気分が上がる「retaWのボディークリーム」



香水って匂いがきつくなりすぎるのであまりつけないんですが、今年買ったこのボディークリームは、ほんのり漂う感じでとても気に入りました。つけるだけでちょっと気分が上がります。個人的にはこの「ALLEN」の香りがおすすめ。

オフィスで寝るのに便利「Hoomoiのネックピロー」



今年はやたらと眠くなる1年で、昼休みに仮眠するためにこいつを買いました。腕を通して突っ伏して寝れるので、明かりをシャットアウトしてすやすや眠ることができます。低反発なのも心地いい。

選択の重さを突きつけられた「Detroit: Become Human」



プレイヤーがアンドロイドとなって、人間と対峙していくさまを描いたゲーム。「人間とは何か」ということについて、ゲームを通して考えさせられました。プレイヤーは局面局面で重要な選択を迫られるんですが、選択次第で後戻りできなくなったりする。意外と「いい子ちゃん風」の選択をするとバッドエンドになったりして、自分の底の浅さを感じちゃったり。今年かなり印象に残ったゲームでしたね。



起動時がかわいい大人のおもちゃ「Osmo Pocket」



歩きながら撮影しても手ブレしないジンバルを搭載した、手のひらサイズのビデオカメラ。このメーカーのスマホ用ジンバル「Osmo Mobile2」も持ってたんですが、重さと見てくれの仰々しさから使う機会が少なく…。これが出たときは、なぜ早くこっちを出してくれなかったのかと恨みましたね。買ったけどさ。

ちなみにこいつ、起動時がピクサーに出てくるロボットみたいな動きでかわいいです。


財布を持ち歩くことが劇的に減った「ラクニのスマホケース」



カードを入れることができる手帳タイプのスマホケースは多いですが、画面を見るためにパカっと開く手間が個人的に好きじゃなく。これは背面にカードケースがあるタイプで、画面の邪魔になりません。計3つのカードホルダーつきで、クレカと4つ折りのお札を何枚か入れておけば、財布持ち歩かなくてもOKに。ちょっとしたお出かけならこれで充分になりました。

なんだかんだでいろいろ買ってましたね。来年はいよいよ本厄突入ですが、心躍るような買い物ができるといいなあ。

★編集系の話題などを日々つぶやいてます。よかったらフォローしてね★